樽さんの部屋

   たるさんの部屋                    令和2年10月1日
              「古希」になります。
         (国民健康保険高齢受給者証が届きました)

*23歳:姫路北高校勤務/津田少年立ち上げ初期~
 「見上げてごらん夜の星を」を聞きながら定時制分校(夜間高校)に新着任。
 初心者を集めてサッカ-部を結成。これがサッカ-との出会い。
 星空(薄暗い照明)を見上げて夢中にボ-ルを追い県定時制大会3年連続準優勝。
 昼間働きながら夜は勉学と2足のわらじを履く若者たちの「頑張り」に共鳴し
 私も教師だけでなくもう1足履こうと津田校区にスポ-ツ少年団を立ち上げた。
 その津田サッカ-クラブが46年今も脈々と続く。それこそが古希の歳まで
 やってこれた原動力となり私の人生の主流を占めるに至っている。

*30歳台:福崎高校勤務/津田少年充実期
  夢を持ち目標に向かって「一所懸命、ひたむきに」ひたすらにバク進。
 経験が乏しく視野も狭く感情が先走る指導で生徒を追い込むだけだったが
 「こんな私によくぞ付いて来てくれた」と振り返ると生徒には感謝しかない。

*40歳台:琴丘高校勤務/津田少年低迷期
  難病に罹り生死をさまよったが、それでも生きるチャンスをいただいたのは
 どこかで誰かが自分を必要とされているかも、、、ならばもう少し生きよう。
 「生きているだけで儲けもの、人生人助け」と思うまでに1年半を要した。
 これを機に自分を変えたいと思うがなかなか変えることができず苦しむ。
 この年代の時も「子どもといて教師、子どもを何とかしたい」という思いは不変。
 結果が出た時は生徒の力、ダメな時は自分の力不足と戒めながら部活を指導。

*50歳台:(続)琴丘高校勤務/津田少年(伝統復活)期
  教師の幅を広げ教育相談部門を充実させるためにカウンセリング資格習得を
 めざし研修を繰り返したが、そのことで自分を見直す絶好の機会になった。
 「夢」を繋ぐには人(組織)が不可欠。育てるポイントは付いてくる生徒に
 「人のためにイキイキと生きる<後ろ姿>」を見せること。
 「子どもは宝」と肝に銘じ子どもから教わることの大切さがわかる年齢に。

*60歳台:姫路高校勤務時代/新しい津田少年時代に、、、
  好きなことをやり続けられたのはまわりの人達のおかげにやっと気づく。
 「夢」を繋ぐ多くの教え子たちに囲まれ「生かされてる」幸せ感。
 生徒たちから「サッカ-を楽しむ」ことを学ぶと肩の力が抜け楽しくなった。
 すると考え方まで楽(らく)になり還暦すぎて「新生!たるさんの誕生」

*70歳:今日、明日(人、物、事)の「出会い」
 目標を掲げるより、その日一日ゆっくりとまわりを見ながら時には立ち止まる。
 すると従来には見えなかった(人、物、事)「出会い」に気づくとおもしろい。
 自分が嬉しいより「人を嬉しがらせる一日になりますように」と祈りながら
 次にどんな夢「出会い」があるか期待して生きてます。なので
 ※生徒たち(卒業生)へ:〔こころが動いたら〕また会いに来て下さい。

樽さんの部屋アップしました

 エストレラ津田サッカ-クラブHP             (令和2年5月末)
               「樽さんの部屋」

               ◆教え子たちへ◆
  古希を迎える年にとんでもないことになった。
 100年にあるかないかの不幸な歴史的危機を迎え今後も暗い影が続きそうだ。
 経済活動も生活様式も学校(教育)も今まで通りには戻れないかも知れない。

 *教え子たちは「元気かな?家族は、、、」身体だけは気になる。
 全ての人々が同じ状況の中で「教え子」なら今までとは間逆の考え方や知恵と
 行動力を持って気づきの感性を磨き〔人のために〕生きてくれると信じている。
 *5年前に退職してから津田SCの幼児や少年たちと暮らす日々だが
 米や作物さえ作ったことも大工仕事などもできず、41歳で大病してから
 がんばりの効かないこの身体では何の役にも立たない老人になった。
 唯一無二できることは「子どもたち(教え子)といること」
 なのに新型コロナの今の現状ではそのことすらできない。
 子どもといるのが当たり前だった日常が突然、しかも3カ月もなくなった。
 時間ができたものだから部屋の整理をしていたら毎年年度末の授業終わりに
 一人一人に手渡していた手紙の返事が6000通余り出てきた。

 *「宝物」を読み返していると懐かしが(俺にとって遅い青春だが)一気に蘇る。
 福崎高、琴丘高の生徒やJ塾(中学生)との交換日記。
 バ-スディカ-ドや贈り物に添えられたメッ-セージが続々と。
 福崎サッカ-通信、琴丘サッカ-だより(555号) 市姫サッカ-だより(100号)など
 書き残したものが次からと次からへ。
 今の子どもたちに「できることはないか?」と悩んだいたが「これだ!」と。

 *早速、低学年の子どもには一軒づつ手紙を書いて配達し、中、高学年の子には
 笑いと元気を取り戻してほしいと「おもしろクイズ」や「日本むかし話」
 (たるじいさん、たるこばあさん)の〔紙芝居〕を動画で。
 ミルクボ-イをタルクボ-イ(私の似顔絵付)として漫才ネタを創作し
 「母の日」に親子あてにメッセ-ジとして発信。
 5、6年には「こころ塾」として日記をつけることと続ける大切さを伝えて
 中学生には「メンタルセミナ-」として家庭でできる心の強化プログラムを配信。
 この試みが収束をしこの子たちが何年か経ったあとに「宝物」となってくれれば。
 長い休校でストレスが溜まるお母さんにお役に立ててもらいたく「子育てママ塾」
 としてストレス解消法と「ねぎらい」を発信。

 *新型コロナ期に家族が一緒に過ごすことで「家族の絆」の大切さをあらためて
 考え直すいい機会してもらえたら悪いことばかりではない。

 *一日足りとも一人で過ごすのは苦手で到底無理。
 大勢の「教え子」に囲まれた生活がなくなるなんて。。。
 会いたい時はいつも心の中にいるのでいつでも呼び出せるけど、、、、
 やはり実際に会えるのとはまた違う。今は会える日を楽しみに少し我慢しょう。
 *この「樽さんの部屋」を目にしたら同級や先輩、後輩に伝えてほしい
 「落ちついたら会いたい」と樽さんが言ってると、、、

イベントのご案内

教育講演会

関連サイト http://chsevent.com/archives/schedule/002

樽さんの部屋アップしました

   ーたるさんの部屋ー                 令和2年・元旦

            明けましておめでとうございます。

 ○元旦「初蹴り」津田少年部144名とスタッフ17名。
 ○2日「初蹴り」津田Jrユ-ス、津田、福崎、琴丘、市姫各OB約160名。
 ○3日「初蹴り」エストレラJrユ-ス、ユ-ス、社会人、パワ-ズ。
 ○4日「新年会」津田3年生
 ○5日「新年会&祝勝会(市民大会)」津田5年生
 ◇1月行事は「峰山雪遊び」「波賀餅つき大会」など楽しい行事が目白押し。

  未来の宝物である子どもが生きづらい時代になっています。
 虐待、体罰、DV、教育界の混乱など育つ環境が危ういです。

  大人社会では力のある上の者が序列、格差を作り下の者に「劣等感」を与え
 都合が悪くなると「ごまかす、隠す、無かったもの」にしてしまう。
 序列、格差は子どもの世界に〔イジメ〕を大人世界では〔パワハラ〕を生みます。

  こんな時代だから人に「優しく」「親切で」「寛容で」共に生きる(共生)
 ことだということを子どもに伝えたいと切に願ってします。
 そして子どもには好きなことをトコトンやらせたいです。
 子どもがやろうとすることを(見守るだけで)止めてはいけません。
 できると(達成、成功感)大きな「自信」となり〔自己肯定感〕が生まれます。
 すると〔自立〕でき始めます(今、津田の高学年がそうなりつつあります)
 そうなればあとは自らの力で飛び立つものだとワクワクしています。
 さまざまな子どもと出会いますがどんな子どもにも行動には意味があります。
 その時に「対処法」を知っていれば感情的になりません。
 そしてその子どもを受け入れると嬉しいことに「信頼関係」が築かれます。

  「少年サッカ-」で気をつけたいことは勝利ばかりを求めると
 「あのチームは強い、あの子は凄い」となり子どもだけでなく大人(指導者)も
 嬉しくなり何より「優越感」(序列)を得てしまいます。
 (悲しいかな)勝てない、うまくない、サブの子たちに「劣等感」が生じます。
 そういう子が将来性や能力があるのにサッカ-嫌いにならないためにも
 その子にしかない〔特徴、個性〕を見つけて〔自信〕を与えてあげたいです。

  最後に教え子たちは家族同然。
 子どもたちが大人になり再びチ-ムに戻り少年を育て「思い」を繋いでいく
 (夢の循環)今年も「津田ファミリー」がより大きくなりますように(祈)
 グランドで子どもたちと時を共にする幸せ感に浸りながら日々精進します。

 本年も
 エストレラ津田、エストレラ姫路、樽本家をよろしくお願い致します。

樽さんの部屋アップしました

      ーたるさんの部屋ー            令和元年・最終号

  新しい年号(令和)を迎えた年もあとわずかです。
 皆様にとってどのような一年でしたでしょうか?

  「還暦」では数多くの卒業生に囲まれた幸せな時からはや10年が経ち
 来年(令和2年)はなんと「古希70歳」を迎える。
 大切な教え子や家族といかに気持ち良く充実させながら
 残された人生をどう生きていくか?とか
 今までやってきたことや人とのかかわりをどうしていくか?
 あらためて立ち止まり考える年齢になる。

  私の「栄養源」は教え子(子ども)たち。
 一生涯現場主義(グランド)。子どもといてこそ教師。
 監督でもコ-チでもなく「たるさん」。
 私の背中を見てついてくる教え子をたちを「がっかり」させてはいけない。
 「生き様」である「人のために」生きることは残された人生でも不変でありたい。

  人生の成功は財力、地位、名誉、誇り、栄光等を得ることではないと思っている。
 「ありがとう」と感謝され「この人といたい」と慕われる生き方を全うしたい。
 性格はなかなか変えれないが「考え方」は変わると信じて物の見方を前向きに
 楽しくなるように頭の中が汗ビッショリになるほど考えて生きていきたい。

  今は子育てで悩むお母さん、不登校の生徒に寄り添う時間や
 「こころ塾=メンタルセミナ-」を開きジュニアユ-スと過ごしている。

  最近、願ってもないビッグな出会いが舞い込んできた。
 「児童発達支援、放課後ディサービス」として1カ月に1週間程度だが
 障害者たちと共に過ごせる出会いの時間ができた。
 ボール遊びを中心とし、さまざまな運動や手品、紙芝居など折り込みながら
 長女、次女宅の裏にある「秘密基地」で歓声を上げて楽しませてもらってる。
 押しつけな一方通行的指導方法では見向きもしてくれない。
 心底好きになり本気で楽しめるプログラムを用意しないと受け入れてはくれない。
 まさに私自身の46年間の指導歴を試されている。
 「たるさ-ん」と駆け寄ってきてくれ、うまくいくと喜び「抱っこ」すると
 ギュ-と抱き返してくれる。帰りには「また来ていい?」と手を振られると
 「こんな俺を受け入れてくれた。通じた!」と安堵感と幸福感が一度にやってくる。
 残り人生に「一番やりたかったこと」にめぐり会えたかも知れない。
 頑張ってきたからこそ神様からの「クリスマスプレゼント」が届いたかも。

 人と居ることが好きな私にとって今年もたくさんの人との出会いがあり、
 幸せな1年でした。
 来年も皆様方がどうか幸せな1年になりますように(祈)、、。
 それでは良いお年をお迎え下さい。

             ◆初蹴りの案内◆
 ・令和2年1月2日(木)・10:00~12:00・エストパ-ク(大塩駅南)
 *教え子たちへ:ぜひ会いたいです。待っています。

樽さんの部屋アップしました

   たるさんの部屋             令和元年、9月

            竜二(播戸)が引退しました

  竜二が9月13日吹田シタジアムで長年在籍したG大阪と一日契約ををして
 「引退セレモニ-」で盛大な別れをG大阪、鳥栖ファンらと催してもらった。
 そのあとサプライズに立ちあえた。
 多くの人々に囲まれ幸せなサッカー人生のフィナーレを見ることができた。感無量!

 ※竜二と出会い
  福崎高から琴丘高に転勤が決まり、むりに無理がたたり医者から寿命を切られ
 ペースメ-カ-を埋め込み何とか命を繋ぐ有り様。
 サッカーや体育教師を続けるより生きることさえ不安な日々。
 そこから1年半何とか「夢」を持ち直して前へ歩みだせた。
 津田卒である前田、柳川、三木一、赤木や他中学から渡辺、古井らが入学して3年目。
 兵庫県でベスト4シードを獲得(阪神淡路大震災で大会中止)ができて少しづつ
 「生きる希望」が出始めた頃の24年前。
 香寺中学から「何かやりたい」と目を輝かせて飢えた「ガキ(飢鬼)」そのもので
 第一印象。「この子はおもしろくなる」と予感が、、、、
 「夢は?」と聞くと即、「ガンバ大阪入団」とキッパリ答えたのも鮮烈。

 ※竜二の琴丘高時代
  積極的で常に前へポジティブ。振り返らない。落ち込まない。私とは真逆の性格。
 彼らの頑張りで姫路の琴丘高が兵庫の琴丘へ(県総体3位、県選手権準優勝)。
 近畿大会で3位になり兵庫の琴丘から関西の琴丘へまっすぐに突き抜けるように。
  朝の自主練習は一番先に、居残り自主練習は最後に学校を出て夜9時過ぎの
 播但線で帰ってうた。今思えばプロ向きの性格に練習好きの日頃から地道な
 所謂「努力の天才」であったからこそ中学年代まで無名だった子が3年間で大化けし
 兵庫国体代表として輝き出した原動力だったのかも知れない。

 ※「夢実現」・・・ガンバ大阪入団
  近畿大会や国体で注目の浴び数多くの大学からの勧誘を受ける中、なんと夢を叶える
 「G大阪入団!!」ただ練習生で月額10万円、しかも香寺から弁当持ちで約2時間を
 かけて万博練習場まで通った。「そこから苦しむかな?」と思えたがすぐにJデビュー
 半年も経たないうちに「プロ契約」をするや否や、今度は「U-20の日本代表」に。
 アジア大会予選でも活躍し一躍シンデレラボーイに。そして世界への舞台に立つ。
 ユースメンバーは小野、高原、小笠原、遠藤、中田ら日本の黄金世代の一員に。
 ワールドユースでも決勝に進出。なんとシャビらのスペインに戦う姿に我を疑った。

 ※50才を迎えた私は
  日本から世界で戦う竜二をみて刺激を受け「このままでは、、、」と考えはじめ
 これ先は教育界やサッカー指導も大きな変化を迎え、絶対に変革が必要な時期が来る。
 古い時代を踏襲していては取り残される予感がし違う角度から指導をしなくてはと、、
 心理学の勉強を始め、6年かかりで教育カウンセラー資格の取得までこぎつた。
 そして誰もが楽しめる体育の授業をめぜし、学年主任を引き受けながらサッカー部も
 やり方を変えながら取り組んだ結果、竜二ら以来の県総体準優勝を果たした。
 かたや代表を務める津田SCも30周年を経て4度の全国社会人大会へ出場すると
 クラブチーム選手権では優勝!ついに〔アマチュア日本一〕になれた。
 その一方で姫路の中学年代をなんとかしたいと仲間らとエストレラの立ち上げに
 サポートさせてもらい現在も理事長として側面から支えさせてもらっている。

 ※ワールドユース後の竜二は
  G大阪から元全日本岡田監督に請われJ2札幌へ。得点ランキング2位の実績を。
 そして大好きな憧れの三浦カズ氏と一緒にサッカーがやりたくてV神戸へ。
 V神戸では得点ランキング上位に位置し不動のスタメンを勝ち取るまでに、、、
 カズさんが移籍すると当時Jトップレベルにいた敢えて競争の厳しい古巣ガンバへ。
 宮本、橋本、遠藤、加地、山口、明神、今野、マグノ、ルーカスやそうそうたる
 メンバーと水を得た魚のようにここでも得点上位の実績を積み上げる。
 6試合連発ゴールや幾度かのハットトリックなどニュースには事欠かず
 国立競技場で延長決勝ゴールを決めて「天皇杯制覇!」
 横浜国際競技場「トヨタクラブ選手権準決勝」ではルーニ-、ロナウドの
 マンチェスターUの一戦を真近で家族や孫らと観戦し大興奮。
 ACL(アジアチャンピオンリーグ)でもアジアクラブNo1に。
 その活躍がオシム監督の目にとまり、ついについに「日本代表入り!〕を果たす。

 ※30才(2010年)からの竜二とその頃の私は、、、
  当時J1復帰したC大阪ではチームを上位に押し上げ、鳥栖に移籍すると
 ネームバリューを上げるとともにJ1の強豪チームの一助に。
 大宮をJ1に琉球をJ2の昇格に貢献。「昇格請け負い人」の面目躍如。
 その頃私は還暦を迎え、津田、福崎高、琴丘高らの卒業生らを祝ってもらう前で
 「退職後にサッカー場(人工芝)建設」を公言、平成28年に完成し竣工式の
 ゲストには竜二に参列してもらった。

 ※竜二の人なり、、、とこれからの竜二
  45年近くサッカーに携わり多くのサッカー関係者(監督、指導者)と交流ができ
 あらためて人生「出会い」ということを痛感する年代になった。
 その中でも著名な大御所と言われる指導者が竜二への「人なりの評価が高い」
 何時会っても積極的で熱く、日本のサッカーの将来などを多方面から考え、
 それを有言実行する行動力は凄い、人としても義理堅く、人を大切にして
 とくに同期や後輩への気遣いなどは素晴らしいと語っていただける。
 嬉しいことです。

 これからの竜二は日本のサッカーの「応援団長」として寄与、貢献し
 盛り上げてほしい。
 今後の第二のサッカー人生の活躍をおおいに楽しみにして影から応援したい。
 本当に楽しませてもらった。
 お疲れさまでした。

樽さんの部屋アップしました

   たるさんの部屋             令和元年、盛夏

  あまりの暑さに、、、、でも。
 エストレラのグラウンド(エストパーク)とクラブハウスの完成。
  慣れないことが続き少し疲れも、、、ここでもう一度原点に戻ろう。
 それは子どもとおること。子どもと遊べる日々に期待に胸をふくらませること。
  その原点は毎日朝練にやってくる子どもを迎えるために校門を開けて
 子どもより大きな声で挨拶し迎えること。
 そして今は夏休み「子どもと一緒に居れる幸せ時間が多く取れる」

 夏合宿では寝食を共にし汗を流し、がんばる子どもの「思い出作り」の一助となる。
 義理の息子作の秘密基地では幼児や低学年と幼児用プール、平均台、跳び箱、すもう、
 ターザンロ-プ、さまざまな遊びを工夫して共におおはしゃぎして童心に戻る。
 サッカー以外の川遊びに連れて行く、また遠征先での自然遊び。
 何か理由をつけてパーティを開催。手品、日本昔バカ話、紙芝居、お笑いなどの
 企画を考えるだけでワクワクする。
 一方では子どもに対しては体調を整え、年寄りくささが出ないようにみなりを
 きれいにして接する。
 一人一人を見落とすことがないよう目配り、声をかけ続け、うまくいったり
 がんばったら褒めて褒めまくっては触れ合いスキンシップをはかる。
 特に準備や、かたづけ、人のためにやれば全員の前で称賛の拍手とほめ言葉。
 しかし約束を破ったりダメなことをやれば本気で(余裕を持って)叱り飛ばす。
 だが怒ったあとは倍返しでほめる、抱きしめる。怒ったままでは帰さない。

 生きている限りは少しでも人の(子ども)ために役に立ちたい。
 子どもが失敗しミスするたびに心の中で「ヤッタァ~」と喜んでしまう。
 それは意地悪ではなく子どもは失敗しミスするもの。失敗しない人間なんかいない。
 そこから成功にどうつなげるかを楽しみに見守る、、、、
 だが時間がかかる。が、待つ、我慢する、あの手この手をその子に
 (出すぎないように)アドバイスしながら、、、、そしてうまくいって
 楽しそうに帰る後ろ姿を(よかったな)と見送るとこちらまであたたかくなる。

 サッカーに勝って喜び、選ばれて社会から評価を求める子ども(いや親かな?)が
 多くなった今日この頃
 人のために喜んだり、悲しんだり、人との交わりの中で<生き甲斐>を見つける
 子どもでいてほしい願う。
 グラウンドを見渡すと45年前に出会った子どもがいて、私自身が夢を追い続けた
 各年代の教え子たちもスタッフとして同じ道を子どもと共に歩んでる姿を見ると
 なんとも言えない安堵感(繋がり、絆)を感じる。それはサッカーを通じて
 「子育て」を「一途に迷わず続けてきた結果かな」とも思う。

 これからも体の続く限りつつましく一所懸命に〔子どものために〕生きていきたい。

樽さんの部屋アップしました

   たるさんの部屋             令和元年、5月

  また嬉しい報告があります。
 前回「たるさんの部屋」で告知しました通り、エストレラ「クラブハウス」が
 完成しました。
 私はエストレラの理事長、フットボール部門のセンター長の立場として
 現場や選手と携わることは多くありませんがスタッフたちの20年近くにわたり
 粘り強い地道な努力が実を結びここに花咲いたと心から嬉しく思うと共に
 スタッフたちに労いと感謝をしたいです。

 以下は理事長としての「竣工式」挨拶文です。
  本日は公私ともお忙しい中を姫路市長清元様、衆議院議員松本剛明様、
 山陽電気鉄道株式会社米田様。姫路市まちづくり振興機構理事長南都様を
 はじめとする多数のご臨席を賜りスポーツクラブエストレラ「クラブハウス」の
 竣工式を迎えることができました。ほんとうにありがとうございます。
 感無量でございます。
 NPOスポーツクラブエストレラを代表致しまして一言ご挨拶を申し上げます。

  2000年にエストレラ姫路フットボールクラブとして立ち上げ
 翌2001年特定非営利活動法人スポーツクラブエストレラを設立致しました。
 テニスクラブ、健康教室、パワーズなど多種目にわたり誰もがスポーツを楽しめる
 環境作りをめざし、姫路周辺の青少年を地域の人たちが育て、育った選手が
 地元に戻りスポーツに関わることができる活動内容を2016年スポーツ振興くじ
 助成事業に申請をしたところ高い評価を得て高額の補助金を受けました。
 エストレラの保護者やOB,又サッカー関係者を中心に支援の輪も大きく広がり
 現在西側に隣接する「エストパーク」として専用人工芝サッカーグラウンドが
 完成しました。

  2017年には選手、子どもたちのアカデミィー(教育)の場、すなわち
 体力作りやケアー、他のチームとの交流やコミニュケーションの場として
 また学習の場や心の成長を促すメンタルセミナーを常時開講する一方では
 指導者講習会や研修の場、そして保護者対象の「子育て学習会」の目的とした
 「クラブハウス建設」をスポーツ振興くじ助成事業に申請をしたところ
 その主旨に対し再び高い評価を得てグラウンドに続き高額の助成金を受け
 本日2019年5月18日クラブハウスの完成に至りました。

  現在エストレラはサッカー部門では指導理念、指導方法や運営において
 民間クラブとして全国屈指の団体として高い評価を受けています。
 今後はその評価に恥じなることのないようスタッフ、関係者一同は
 日本の将来の宝物である青少年たちの育成になお一層の努力をしていく所存で
 あります。

  今後ともスポーツクラブエストレラへあたたかいご支援をお願いするとともに
 本日「竣工式」にご参列いただきました皆様方の益々のご健勝とご活躍をお祈りして
 挨拶と致します。本日はまことにありがとうございました。

  尚:エストクラブハウスはエストパークグラウンド東側に位置しており
 山陽電車「大塩駅」下車南へ3分ほどです。
 お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄り下さい。

樽さんの部屋アップしました

   樽さんの部屋                     31、4、14
            春です!!新学期がスタート

      今回は(子どものため)に生きる人々を紹介します。
*エストレラスタッフ*
  私はエストレラ2000年立ち上げから理事として10年を経たのち
 理事長に就任してまもなく10年を迎えます。
 現場に立つことはありませんが側面からできるだけ支援をしてきました。
 スタッフたちは当初から選手の強化、スクール活動、団の運営から経営まで
 苦労の連続だったと思いますがその甲斐あり現在は高い評価を受けています。
 そのスタッフを始めOB、保護者たちの悲願でもあったエストパークが完成して
 僅か1年半。この5月にはクラブハウスの「竣工式」を迎えようとしています。
 また大きな財産が出来ました。ほんとうにおめでとうございます!!
 20年間のエストレラの利他の精神を繋ぎ我慢強く「プレーヤーズファースト」
 を継続してきたスタッフの「生きざま」が結集された場となりました。
  今後はエストパーク同様、選手たちのアカデミィー(教育)の場が中心となり
 笑顔とコミニュケーションの取れる憩いの場でもあることを切に願っています。

*「森のわんぱく冒険塾」F先生*
  同級生のF先生が高校を退職して子どもを自然の中で「逞しく育てる」という
 理念、コンセプトを持ち「NPO森のわんぱく冒険塾」を立ち上げられて3年。
 峰山高原の別荘地を拠点に、佐用町ではキャンプ場をベースに活動。
 保育園、幼稚園、スポーツ団体には冒険塾の教育方針を熱く語られ興味関心を引き
 その結果賛同を得られ多くの子どもたちが自然に触れ大歓声をあげています。
  彼のバイタリティ(行動力)と人脈の広さは半端ではなく尊敬に値する人物です。
 私も微力ながらアンバサダーとして啓蒙活動をさせていただいています。
 津田の少年たちも四季それぞれに自然遊び体験をし、卒団時の「思い出」を
 宝物のように語っています。本当に楽しめますのでぜひ訪れてみて下さい。

*波賀町I氏*
  人口減少、少子化、過疎が進む波賀町に安定した公務員の職を捨て
 地元の未来の子どものために波賀町のみならず宍栗市全体に目を向け
 サッカーを通して少年を地域で育て地域に戻す取り組みを始められたI氏。
 「先が見えず不安でしょう?」と尋ねると
 「これから起こることにワクワクして楽しみで仕方がない」との回答。
 エストレラ津田サッカークラブとの活動の理念、方針が一致して姉妹提携を結び、
 友好を誓い合いました。
 私利私欲で生きる人が多い中、こういう人と出会うと嬉しくなります。

*我が津田サッカークラブスタッフ*
  津田サッカークラブも46年めに入りました。
 仕事を持ちながら少年16名、ファミリースタッフ9名、ジュニアユース7名が
 ボランティアスタッフとして登録し新体制がスタートしました。
 そこは私の「安らぎ(安住の地)」でもあり大人の「学びの場」でもあります。
 一番上の孫が成人式を過ぎ、勤務しながら少年スタッフに加わり3年目。
 その下の孫もエストユースに所属し時間があればキンダーや低学年の子どもたちに
 かかわってくれています。孫たちと同じグランドに立てて幸せなことです。
 長女はスタッフと保護者の「橋渡し役」次女は「事務局」を担当してくれています。
 「樽本ファミリー」が人々のお世話ができ子どもの成長が見れる場所に居れる
 ことに感謝しながら私自身今までにない景色を味わう1年にしたいと思っています。

 たくさんの新メンバー加入(キンダー、少年、中学生、社会人)をお待ちしています。

樽さんの部屋アップしました

   樽さんの部屋                     31、1、11
           あけましておめでとうございます。

  今年も元旦は津田SC少年部、2日は津田、福崎、琴丘、市姫のOB会に続き
 3日はエストレラFCと「初蹴り三昧」で幸せな年始でした。

 毎月行っている津田SCスタッフ会議では以下のように年始挨拶をしましたが
 全ては自分にいい聞かせる内容でテーマは「謙虚」です。

 子どもは年齢が低ければ低いほど指導者が言うこと、することは全て正しいと
 思って信じて付いてきます。
 半成人式(10歳ごろ)までは指導者の影響は非常に大きいです。
 子どもが初めて出会う大人が指導者ならなおさらです。
 ですから指導者は「謙虚」な心で子どもに接しなければいけません。
「挨拶や返事」も大きな明るい声で心を込めて交わす必要があります。
 ピッチでの姿勢、服装、立ち居振る舞い、声質などは子どもが「親の後姿」を
 見て育つように指導者そのものを真似をします。
 指導者の考え方や行動、言動が子どもの心に一生残ります。
 指導者が結果を求めて誇りやステータスを得るために子どもを使ってはなりません。
「心の傷」となり子どもの頃は怖くて言えずに大人になって話しを始めるという
 悲しいことも多く起こっています。
 指導者の年齢、実績、地位、キャリアには関係なく「この人と居たい」と
 子どもが心から慕ってきてくれる指導者でありたいものです。

*ゴールデンエイジを過ぎると思春期に向かい「魔の14歳」に突入します。
 この頃(少年期)は親や大人、社会に対して「疑心暗鬼」になる年頃です。
 人言えず明るく振る舞うものの自分を卑下し葛藤し、いじめと戦って
 いるかも知れません。
 そこを救うのは教師ではなく「指導者」でありたいものです。
 少年期は「信じる」ことが大事で「信じること」=「認めること」です。
 必ず「良いところ」を見つけ「ほめて」できたら「評価」をすることです。
 それを伝えるタイミングがまたポイントで重要ですが。。。

*子どもたちが大人になって「あの時あの頃たるさんとの思い出が〔宝物〕」と
 そんな話を聞かされると本当に嬉しいものです。

*高校サッカー現場から離れて少年サッカーに戻って3年。
 45年前の立ち上げの「原点(初心)」に返ることができてました。
 要らぬ忖度や自己営利目的や保身のために擦り寄る大人より
「純粋無垢」な子どもたちから「学び」を得られる幸せを感じます。
「学び」に終わりはありませんね。

 子どもらしくとんがった個性やアイディアを思い切り発揮できる環境を作り
 子どもと「夢」を見て「笑顔」で未来を語りあう少年サッカークラブであるべき
 と年頭にあたりあらためて感じました。

          本年もどうぞよろしくお願いします。