• Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2
「伝言板 新春号」アップしました

「伝 言 板」令和3年(第7号)    ・新春号

あけましておめでとうございます。

*元旦は少年とジュニアユ-ス。2日は津田、福崎高、琴丘高、姫路高OB。

3日はエストレラ姫路。毎年3が日の「初蹴り」三昧は至福の時間です。津田小学校やエストパ-クが卒団生が懐かし話に集える「故郷=居場所」になっていることは指導者冥利に尽きます。

*年頭に、、、   津田では今年もサッカ-だけでなく子どもの社会的成長に繋がるクラブとして活動をする予定です。以下にその活動の一例をあげます。

(1)挨拶トレ-ニング   朝練では「おはよう、ごめんなさい、ありがとう」の声出しトレ-ニング。 お父さんお母さんからも明るく「おはよう」元気に「いってらっしゃ-ィ」を。   親がまちがえば「ごめんね」そして「おやすみ」は穏やかに。大人も挨拶トレ-ニングで家庭も職場も自分自身も気持ちよくなりますよ。

(2)「(子どもの心に)気づく」   子どもは口にこそ出しませんが不安やストレスを抱えています。 私は子どもの声を聴きその子にわかる話かけを心がけています。 親も感情的に叱らないで「聴く力」を持ち「丁寧に」話してやって下さい。 また子どもには「生きること」は何をしてもうまくはいかないことばかりで誰にでも「不安やストレス」はあるものだと教えています。 〔不安の受け止め方〕から〔勇気の持ち方〕〔元気の出し方〕などポジティブになる方法を機会あるごとに伝えていくつもりです。

(3)「一所懸命・ひたむきに」   子どもは視野が狭く一時の感情で行動しますが親はそうであってはいけません。   最近少年期に目先の勝利や結果に<一喜一憂>する親が増えました。   親は子どもの成長を(大器晩成になるように)長いスパ-ンで見守るかたわら   その瞬間を「一所懸命・ひたむきに」頑張り続ける大切さを伝えたいです。   <教育と躾け=子育て>はあせらずあわてないで粘り強く(熟成)しながら   ゆっくりと大人への成長を楽しみましょう。

(4)「自信」から「自立」   少年期に失敗や挫折を重ねる悔しい経験こそが子どもの心に強く残ります。「壁」にぶつかり乗り越えた時に「自信」を得ます。高校サッカ-43年間指導し現実を実際に体験して強く思うことは大人が安易に答えを与えたり親の思いどおりへと子どもを誘導するのはやめて少年期に楽しみながら自分で考え工夫することが「自立」するチャンスです。 子ども自らの意志でできた「自立」こそが高校年代や将来に花が咲きます。             

*親が子に今しかできないこと*

朝食から弁当作りに洗濯。仕事に行き帰宅して休む間もなく片付けから夕飯作りの合間に「思い通りにならない子」にイラつき叱る日々。意味のないようにみえる毎日が年がいくと子どもへの日常の平凡さこそが〔子どもがいるからできる〕生き甲斐だったと気づきます。子どもが中学、高校となり親離れを始め子育てもそろそろ、、、と感じ始めると「なぁ~~んか」寂しくなるものです。だから今しかできない子育てに心を注いでかけがえのない「生き甲斐」を。

子育てママ塾
「サポタ」システム導入
「伝 言 板」(令和3年度:第5号)7月16日

         
           「夏休みの連絡」
(1)「津田サッカ-<交遊>ディ」:詳細はHPで確認を。
  ・7月22日(祝)播磨光都サッカ-場
   <午前中>1~3年<終日>4、5、6年、ジュニアユ-ス
  ・7月23日(祝)播磨光都サッカ-場
   <午前中>4年<午後>5、6年<終日>ジュニアユ-ス
  ※試合や大会形式ではなく学年を超えてお兄ちゃんや弟などの関係を作り
   他のチ-ムとも混成で楽しみながら仲間を増やすのが目的です。
(2)「サッカ-交流戦&自然遊び」姉妹提携波賀FC(宍粟市)へ
  ・8月1日(日):6年(遠征者外)&Jrユ-ス*マイクロバスで日帰り。
(3)「サッカ-合宿と自然遊び(5年生)」
  ・8月19日(木)~20日(金):宍粟市山崎町「学遊館」
  *7月末ごろに日程詳細や参加申込書(8/15提出)を配付します。
(4)新型コロナ感染症と「熱中症(夏が心配)」対策について〔ご理解を〕
  津田では基本的に屋外の練習中は指導者も子どももマスクを外します。
  万一感染者(陽性)が発生しても指導者や周囲の子どもが「濃厚接触者」に
  ならないように1m以内で15分以上接触しないように配慮します。
  それが無理な状況の時はマスクを着用します。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ◆日本クラブユ-スサッカ-選手権大会関西地区代表決定戦◆
             ≪観戦記≫

   ・ガンバ大阪ユ-ス<5ー0>・エストレラ姫路ユ-ス
 エストレラ姫路は昨年日本クラブユ-スサッカー選手権全国大会出場に続き
 今年も関西代表決定戦をプレミアリ-グ(日本最高峰のリ-グ戦)所属の
 ガンバ大阪ユ-スに全国出場に挑む。
 プレミアの得点王や各カテゴリ-日本代表選手らを擁しベストメンバ-の
 ガンバはロングパスを主に大きな展開とスピ-ドとパワ-で仕掛けてくる。
 エストレラはしっかりボ-ルをキ-プし中盤で丁寧につなぐエストらしさで対抗。
 残り10分。攻守が激しくなり運動量が落ちた時間に実力の差をから3失点。
 だが70分までボ-ル支配などは互角に戦えたことは評価したい。
 スペ-スや長いボ-ルにも臆せず高いDFラインを保って戦った勇気をほめたい。
  播戸竜二がガンバ大阪時代先輩だった森下選手が監督でコ-チングスタッフに
 当時Jリ-グで大活躍していた明神や大黒ら。
  森下監督からのエストへのコメントは「プレミアリ-グではどのチ-ムも
 勝って結果を出すために蹴りあいの続く。エストはきっちり繋いで最後まで
 プレ-スタイルを続けたのは凄い。素晴らしいチ-ム、またぜひ試合を」と。

  津田卒の選手11人が登録メンバ-で全国で大活躍した昨年に続き今年も
 3人がスタメンで中心。また登録7名と津田の指導者としては嬉しい限り。
  少年期やJrユ-ス年代は勝ちを急ぎ結果を求めすぎず時間をかけて焦らず
 しっかり「足元の技術」を身につけさせた結果がこうして高校年代になって
 「花が咲いた」(大器晩成)、このことが指導者冥利に尽きる。
  育成時代である少年期は将来(高校)を見越して「個人技」修得のために
 信念を持ち続けて指導することは「間違ってない」とあらためて確信した。
  予備軍としてエストJrユ-ス3年に津田卒の選手が数名在籍していて
 この子たちも夢の舞台に連れて行ってくれるものと楽しみにしてる。
  試合後すぐに片付け、ゴミ拾い、ほうきを持って掃除などをしているのは
 エストの選手。よくよく見ればその多くが懐かしい津田卒のメンバ-。
 津田少年期からの「躾け」が脈々と受け継がれていることがもっと嬉しい。

  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2