「こころ塾」UPしました

<メンタルセミナー>   こころ塾 (6、7、8月の予定)

○第4回:6月24日(金)・午後6時~7時15分・津田公民館
*費用は5、6年500円/Jrユース無料/筆記用具持参

○第5回:7月11日(月)・午後5時30分~・みなとドーム
○第6回:7月29日(金)・午後5時30分~・みなとドーム
◆5回、6回は以下のように2日間同じ日程です。
<1部>
・5:40~6:50:5、6年「こころ塾」(会議室)
Jrユース1、2年「フットサル」(コート)
<2部>
・7:00~8:10:5、6年1、2年「フットサル」(コート)
Jrユース1、2年「こころ塾」(会議室)
*1)費用は5、6年は500円(コート借用料分担も含む)
Jrユース200円(コート借用料分担)
*2)筆記用具とサッカー用具、服装、着替え、タオル、水筒等持参

※7月は「フットサル」もやります、ふるって参加して下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○第7回:8月24日(水)・午後6時~7時15分・津田公民館
*夏休みを振り返って、宿題:夏の感想文書きなど

 

メンタルセミナー(こころ塾)募集要項 UPしました

メンタルセミナー(こころ塾)

ユース対象 <メンタルセミナー>

◆ユース対象 <メンタルセミナー>

        ◇第3回:テーマ(パート1)「自分に勝つ」◇
       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  (1)まず「夢」を描くことが大切。

  (2)「夢」ができればつぎは「目標設定」
  (3)「目標設定」ができれば「計画」を立てる。
              ・・・年間、半期、月間、週間、当日や大会ごとに。
  (4)「計画」ができれば「行動」
     ・「行動=練習」しないと何も始まらない。夢に近づかない。
      ボールを蹴り、走り、必死になって「行動=練習」すること。
      「行動=練習」していたら   → うまくいかず、失敗をよくする。
      うまくいかず、失敗して気づく → それを修正していくと力になる。
      「行動=練習」し実践(行動)を続けると → 身につく(力、実力)
     ・考え、構想だけで実践(行動)しないなら → 身につかない。
      「夢」「目標設定」も絵に書いた「餅」にすぎない。
   ※努力とは=決めたことを続けること=努力の天才、努力の才能

  (5)「行動=練習」をなぜ厳しい、辛い体験とは思うのか、、、??
     ・好きなこと(サッカー)をやっているのに、、、、
     ・一人ではなく仲間と共に「絆」ができ友情が芽生え一生の友ができるのに
     ・厳しい、辛いとしても耐えて頑張れば「夢」が近づくのに。
     ・「夢」が叶うとこんなに素晴らしいことはなく人生の勝者になれるのに。
     ※だから厳しい練習は辛い体験ではなく楽しいものである。
                    (*耐えて乗り越え成長する楽しさ)
  (6)現状を把握し「自分を知る=己を知る」そこで、、、
    *確かに今時点では実力はなく目の前の大会出場やレギュラーはムリかも、、
    →「それがどうした!そこでやめる?」あきらめたら夢は消える。
    → 人生の「夢」最終地点「目標」はどこ?
    *ケガ人が出るかも?スーパーサブには?今はムリだが次の大会の準備は?
     勝ち進むにはラッキーボーイが必ずいる→その選手にはならないか?
     途中出場で試合の流れを変え奇跡を生む選手に。その一瞬のために、、、

  (7)〔実行力〕ーー*高校生サッカー部員のアンケートから
 ◇話を聞く姿勢
  ・聞いたが → 聞く気がない            ーーー 約10%
  ・聞いて「わかったと理解した」 → が実行しない  ーーー 約40%
  ・聞いて →「よし!と実行」した→ が続かない   ーーー 約40%
  ・聞いて →「よし!と実行」→続ける(努力)    ーーー 約 8%
  ・聞いて →「よし!と実行」→続けた→その上に★印 ーーー 約 2%
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ・に相当する者 →〔実行力〕があり続けていく精神力〔忍耐〕がある。
     その者は →将来一流選手になる〔努力〕の資質がある。(約8%)
  ・続けた→その上に★印とは
   実行を続ける(継続)と → 成功、失敗体験や人との出会いの中 →「気づき
  「気づき」 → メモし  → ノートに整理し書き留める。
        → 目標設定を変更 → メニューを修正 → 具体的行動ができる
        → 将来〔超〕一流選手(プロ?)になる要素、資質がある(約2%

 

      ◇第3回:テーマ(パート2)「勝者のメンタリティー」◇

 (1)チームが勝利するために
  ・個人として何ができるか、何をしなければならないか
     *チームのために自分を犠牲にできるか(利他の精神)
  ・やるときめたら「覚悟」を持ってやる(命をかけてやる)=決断力
     *「覚悟」ができればたいていのことはできる

 (2)チームが勝利するための優先順位
  a:チーム全体活動(奉仕)*チームが勝つための行動。
  b:私生活(家庭、学校、学習)の充実*サッカー、クラブに集中できるように。

 (3)試合が近づくと
  a:いいイメージで生活する。眠る(うまくいった成功例を夢見て寝る)
  b:落書き帳を作る(誰も見ない)思い切りなぐり書き、ペンで、蛍光ペンで
    またマジックで →「勝つ」「全国!」と頭で描き夢を思い切り書いていく。
    自分に「いいきせる」「思い込む」「洗脳していく」

 (4)試合が始まると*「平常心」
  a:数段上のレベルの相手にーーーひるむな、勇気を持て。壁を破るチャンス。
                  相手はなめてくればチャンス(スキができる)
  b:数段下のレベルの相手にーーー相手をなめると→負ける(スキができる)
   ・なめて、バカにして勝てると思った瞬間ピンチが始まる。
   ・いつでも点が取れると思った瞬間取れない、取れないと焦る。
   ・全力で(負けてもともと)とぶつかってくる相手ほど怖いものはない。
   ・失う物がないと戦ってくる相手(強い気持ち)に受け身になると勝てない。
  c:試合中のメンタリティー
   ・流れをつねに自チームに、相手の流れになってもすぐに引き寄せる。
   ・一瞬の集中力(※集中とは予測する、次起こることを考えること)の「差」

   ●先を見据え、先を読み、先をみることも大事だが
   *目の前のプレーに全力を!つねに一所けんめいに、ひたむきに.
      (見る者の心が震えるような感動を与えられるか
                 =頑張ったかどうかは見ている他人が決める)
  d:後半戦/疲れてきた時のメンタリティー
   ・疲れると考える力も落ちてくる → 判断を早くする。それでも遅れる時は
    判断をする材料を少なくし考えをシンプルにして早めの行動(プレー)。
  e:選手交代者(交代メンバー)のメンタリティー
   ・残り時間、スコアー、戦術の徹底=やる仕事(何をすべきか)の伝達。
   ・チームに勇気と元気を与え(活性化)させる。

  

 ★一瞬の集中力が勝敗の差を分ける。その時、その瞬間を大切に!!
   日々の「行動=練習」に費やした大切な時間がムダにならないように
   真剣に粘り強く、あきらめないメンタリティーを持って成功を生み勝者になる。

  <最大の弱点>・・・ほとんどの選手が自分で壁を作り成長をやめる。
  ムリ、できない(劣等感)がジャマして新しい違った自分に出会おうとしない。
  そういうメンタリティーの持ち主に勝利はない。

「最後に」ささいな小さな何事にも「感謝」ができれば、ぐち、文句にならないし
      常に前向きに「行動=練習」できる。
      そうした者の周りに人は集まり、その人々が幸せを運んでくる。

 

J塾が様変わりしました!!

新J塾(ユース・若手指導者編)

 

J塾(ユース編)
            
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                     
        〔ユース年代〕                         
       メンタル(心音(こころね))学習会                               
                                     
       ○テーマ:「見えないものを見る、聞こえないものを聴く」      
       *将来社会に貢献できる生き方を学ぶ            
                                     
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  ※平成17年から始めた少年5、6年対象の「J塾」からJ塾ユース編を
   今年から始めます。一緒に人間のプロ(Jリーガー)をめざしませんか?

  ◇参加募集(呼びかけ対象者)
   ・エストレラ姫路ユース・エストレラ津田ユース・その他ユース、高校生。
   ・少年、ジュニアユース、ユース(高校)に携わる若手(40歳未満)指導者。

  ◇参加条件は以下。
   ・参加は自由(希望者)。事前申し込みは必要ありません。
   ・継続して受講しなくてよい。途中から受講なども可能です。
   ・遅刻、早退も可能で参加できる時間帯に来て下さい。
   ・勉強や塾、仕事や校務のない気軽な時に気が向いた時に参加でも可能です。

  ◇学習の目的(教師生活40年間で出会った生徒と関わった実践例が中心)
   ・モヤモヤした時、落ち着かない時、自分を変えたい、ポジティブになりたい、
    夢をつかみたい、強くなりたいと願うユース諸君。
   ・生徒の気持ちがわからない、うまくチームが作れない悩みを持った指導者。
    帰る時は「よし!」と、きっと気持ちが軽くなると思いますよ。

  ◇会 場
   ・樽本宅(姫路市飾磨区加茂26)
    *駐車される方は事前に・下さい(駐車場確保します)

  ◇日程は以下の月一回程度、月曜日に。
   ・6月24日 ・7月22日 ・9月2日 ・10月7日 ・11月11日
   ・12月16日・1月20日 ・2月17日(計8回予定)
    (急きょ変更する時があります、津田HPをいつも確認して下さい)

  ◇時 間
   ・午後7時30分~約70~80分間程度の予定

  ◇問い合わせ先(事務局)
   ・樽本/・235ー4747/携帯090ー8759ー7778
    (NPO日本教育カウンセラー協会公認教育カウンセラー)
        <何かありましたら以下をご覧下さい>
   ・エストレラ津田SCの(HP)http;//tsuda”sc,JP

  ◆最後に、、、この「塾」はあくまでも樽本個人の私的な「塾」です。

 

 

新J塾(ユース・若手指導者編)

J塾が様変わりしました!!

                 J塾(ユース編)
            
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                     
        〔ユース年代〕                         
       メンタル(心音(こころね))学習会                               
                                     
       ○テーマ:「見えないものを見る、聞こえないものを聴く」      
       *将来社会に貢献できる生き方を学ぶ            
                                     
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  ※平成17年から始めた少年5、6年対象の「J塾」からJ塾ユース編を
   今年から始めます。一緒に人間のプロ(Jリーガー)をめざしませんか?

  ◇参加募集(呼びかけ対象者)
   ・エストレラ姫路ユース・エストレラ津田ユース・その他ユース、高校生。
   ・少年、ジュニアユース、ユース(高校)に携わる若手(40歳未満)指導者。

  ◇参加条件は以下。
   ・参加は自由(希望者)。事前申し込みは必要ありません。
   ・継続して受講しなくてよい。途中から受講なども可能です。
   ・遅刻、早退も可能で参加できる時間帯に来て下さい。
   ・勉強や塾、仕事や校務のない気軽な時に気が向いた時に参加でも可能です。

  ◇学習の目的(教師生活40年間で出会った生徒と関わった実践例が中心)
   ・モヤモヤした時、落ち着かない時、自分を変えたい、ポジティブになりたい、
    夢をつかみたい、強くなりたいと願うユース諸君。
   ・生徒の気持ちがわからない、うまくチームが作れない悩みを持った指導者。
    帰る時は「よし!」と、きっと気持ちが軽くなると思いますよ。

  ◇会 場
   ・樽本宅(姫路市飾磨区加茂26)
    *駐車される方は事前に・下さい(駐車場確保します)

  ◇日程は以下の月一回程度、月曜日に。
   ・6月24日 ・7月22日 ・9月2日 ・10月7日 ・11月11日
   ・12月16日・1月20日 ・2月17日(計8回予定)
    (急きょ変更する時があります、津田HPをいつも確認して下さい)

  ◇時 間
   ・午後7時30分~約70~80分間程度の予定

  ◇問い合わせ先(事務局)
   ・樽本/・235ー4747/携帯090ー8759ー7778
    (NPO日本教育カウンセラー協会公認教育カウンセラー)
        <何かありましたら以下をご覧下さい>
   ・エストレラ津田SCの(HP)   http://tsuda-sc.jp

  ◆最後に、、、この「塾」はあくまでも樽本個人の私的な「塾」です。

 

 

『J塾』開催について

<平成25年度>

       「J塾」 開催について

      平成17年度から9年間続いた「J塾」ですが
      私(樽本)が22年間勤務してきました姫路市立琴丘高校から
      4月より姫路市立姫路高校に転勤となりました。

      そこで「J塾」本拠地である琴丘高校の施設(ナイター照明、
      グランドやミーテング時や子育てママ塾の開講場所であった
      「しらさぎ会館」が使用できないこととなりました。

      特に一番の子どもたちの楽しみであった琴丘高校サッカー部員
      との合同練習や合宿、交流戦などができなくなりました。
      少年の5、6年生(ゴールデンエイジ)時期に「心のプロ」を
      育てることをコンセプトに立ち上げて「J塾」。
      いつかぜひ開講したいとも思っています。

      状況が把握でき開講でできるメドがつきましたら改めて
      ご案内を致します。
      心待ちにされていた方には本当に申し訳ありません。
      とりあえず現況をお知らせ致します。

                 「J塾」塾長  樽本 直記

                            平成25年4月1日