「第3回」JDFAフエスティバル             ・2017、3、11
<播磨光都会議室>
「子どもの発育、発達」
ー自立をめざして(ゴールデンエイジ編)ー

私はこの子に出会うために生まれてきた。誕生を心から喜びいつも子どもに
感謝できるおかあさんに「子育ての失敗」はありません。
産まれて初めての愛の体験でお乳をいっぱい飲み、初めての甘え体験の「抱っこ」。
愛情いっぱい満たされた子どもは情緒が安定します(三つ子の魂百まで)
「離乳」体験で愛の分離、寂しさを味わいながら初めての「自立」体験。
家族団欒(あったかさ)の中で(第一反抗期)迎えるその時に母の「心音」を
聴きながら「やすらぎ、安心」を感じギャングエイジで友達へ旅立ち「自立」に挑戦。
10歳自立式で人生で一番心がきれいな年代(ゴールデンエイジ)を迎える。
そして難しい思春期(第二反抗期)で不安の中で自分を見つめ、もがき、苦しみながら
真の「自立」である家族からの旅立ち、大人へと、、。

〔1〕 情緒(自我、超自我)〔0歳~
・初めての愛(授乳)・初めての甘え(抱っこ)・初めて自立(離乳)
・トイレットトレーニング・寂しさの体験(自立の始まり)
・3歳→第1反抗期(三つ子の魂百まで)
*この頃に受けた愛情は一生持ちつづける(愛くるしさ、表情)

〔2〕 自発性〔6歳~(ギャングエイジ)~9歳→中間反抗期
・いたずら、冒険、探究、秘密、うそ、内緒、遊び、けんか
・口答え=言論的思考の始まり、自発性のスタート
*身体接触(触れ愛、添い寝、安心)で対処
・「甘えさせる⇔がまん」のバランス
・過保護、過干渉によるオートマチックチャイルド
・精神的離乳が遅れると
*登校拒否、不登校、心身症、自殺

〔3〕適応、知的能力〔10歳(ゴールデンエイジ)~
半成人式(10歳自立式)→少しづつ親からの旅立ち
・「技術修得の年代」
身についた技術は一生持ちつづけ伸びる年代
・人生で一番心がきれいな年代
*心の偏差値を高める〔ありがとう、ごめん、ええで〕
ルール、マナー、エチケットなどの気づきのトレーニング
・素直さ、仲間意識、正義感
・いい大人、仲間との出会い
*体験、経験にチャレンジし、失敗を恐れずやり続けて(努力の才能)
達成感(成功感)を得て自信をつけていく。
※親はアドバイザー「励まし、真摯に向き合う、導き方が重要」

〔4〕思春期〔12歳~15歳→第2反抗期〕
・15歳~友達からの旅立
・18歳~家族からの旅立(自分探しの旅へ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔講演、世話人〕NPO 日本教育カウセリング協会公認教育カウンセラー
樽本 直記
  [資料] エストレラ姫路、エストレラ津田保護者対象「こころ塾」「オヤジ蹴球塾」より